ポケカの確率論

“サイド”の確率論

サイドとは

こんにちは!

今日はサイドについて考えてみようと思います。

”初手"の確率論”初手”とは こんにちは! 今回は"初手"を理想に近づけるための確率論についてじっくり考えてみようと思います。 初手で何を...

なかなかあのカード引かないなあ・・・

クイックボールで手札に持ってこよう!あれ、山札にない・・・

こんなことをきっかけに欲しいカードがサイドに埋まってしまっていることに気付くのは誰しも経験があるでしょう。

デッキのキーカードがサイドに埋まってしまうと試合が成り立たないので、絶対に必要なカードはデッキに複数枚入れておく必要があります。

それでも全てサイドに埋まってしまうと

”事故”

ということになります。その試合はかなり厳しい戦いになると思います・・・(例えばミュウVデッキでミュウorフュージョンエネルギーorゲノセクトVがなければかなり厳しいのではないでしょうか。)

“事故”は避けられないことですが、どのくらいの確率でこの事故が起こってしまうのか知っておくのも重要だと思い、

一通り計算してみることにしました。

ポケモンカードでは、対戦の最初に6枚のカードを裏向きにして場の左端に並べます。

これをサイドと呼びます。

相手のポケモンをきぜつさせる度にサイドから1枚めくって手札に加えることができ、6枚全部手札に加えたプレイヤーが勝ちになります。

サイドに埋まってしまう確率

1枚積みの場合

デッキ60枚のうち6枚をサイドとして並べるので、シンプルに

10%の確率でサイドに埋まる

ことになります。

10試合に1回であれば事故として片づけることができそうですし、1枚しか入れていないカードがなくても試合序盤はなんとかなりそうですね。

2022年2月25日発売の強化拡張パック「バトルリージョン」では新しいルールを持つ「かがやくポケモン」が登場します。

かがやくポケモンこんにちは! 今日は2022年2月25日発売の強化拡張パック「バトルリージョン」で登場する「かがやくポケモン」の特徴をまとめてみま...
《かがやくゲッコウガ》カード考察こんにちは! 今日は2022年2月25日発売の強化拡張パック「バトルリージョン」で登場する《かがやくゲッコウガ》について考察します...
かがやくゲッコウガ

「かがやくポケモン」はデッキに1枚しか入れられない代わりに強力な効果を持つことが特徴で、これからもたくさん登場してくるでしょう。

強力なのに10試合に1試合はサイドに行ってしまう・・・

と考えるか

10試合に9試合は大丈夫だし、相手ポケモンをきぜつさせれば引けるかもしれない!

と考えるかは人それぞれですね!10%くらいであれば気にしないのが一番でしょう。

2枚積みの場合

1枚埋まる:18%

2枚埋まる:0.8%

2枚ともサイドに埋まってしまう確率はかなり低いので、無視してしまって大丈夫そうですね。

1枚サイドに埋まる確率は無視できませんが、片方は山札に残っているので試合展開にあまり影響はなさそうです。

3枚積みの場合

1枚埋まる:25%

2枚埋まる:0.4%

3枚埋まる:0.06%

3枚積みの場合でも、2枚以上サイドに行ってしまう確率はとても低いことがわかりました。

1枚埋まっても2枚は山札にあるので大丈夫でしょう。

デッキに3枚デッキに入れるような大事なカードがサイドにたくさん埋まってしまう確率はこんなに小さいんですね。

4枚積みの場合

1枚埋まる:31%

2枚埋まる:4.4%

3枚埋まる:0.2%

4枚埋まる:0.003%

3枚目と似たような結果で、2枚以上サイドに埋まってしまう確率はとても低いようですね。

3枚積みと4枚積みの場合で、「デッキに3枚以上残る確率」で比べると

3枚積みの場合:75%

4枚積みの場合:95%

と結構な差があることもわかりました。

具体的なシチュエーションは特に思いつかないですが、どうしてもデッキに3枚以上残ってほしいくらい大切なカードがある場合は4枚積みする必要がありますね。

さいごに

いかがだったでしょうか。

デッキを組むときにどのカードを何枚入れるかを決めるのはとても大変だと思いますが、枚数を決めるときに

デッキに1枚残ればまあいいから2枚積みかな。

絶対にデッキに3枚残ってないと厳しいから4枚積み!

と納得しながら決めれれば、良い試合ができたときの喜びも増すし、事故ってしまったときの諦めもすんなりいくのではないでしょうか。

この記事が何かの参考になれば幸いです!

”初手"の確率論”初手”とは こんにちは! 今回は"初手"を理想に近づけるための確率論についてじっくり考えてみようと思います。 初手で何を...
"デッキ圧縮"の確率論 part1こんにちは! 今日はカードゲーム用語「デッキ圧縮」について紹介しつつ深く考えてみようと思います。 同時に、2022年2月25...