ポケカの確率論

”初手”の確率論

”初手”とは

こんにちは!

今回は”初手”を理想に近づけるための確率論についてじっくり考えてみようと思います。

初手で何を引くかによって勝敗が大きく左右されるのがカードゲーム。

・同じカードを何枚入れておけば初手に引けるの?

・サーチカードは何枚入れておけばいいの?

・エネルギーは何枚入れておけばいいの?

こんな風に思ったことがある人は多いはず。

最終的には「運」の要素が大きいですが、少しでも良い試合、勝てる試合を増やすためにも確率論を使って解説します!

初手:対戦開始前にまず引くカードのこと。ポケモンカードでは7枚+1ターン目のドロー1枚の合計8枚に相当。

事故:初手が思い通りにいかず試合運びがスムーズにいかないこと。

何枚積みすれば初手に引けるのか?

アルセウスVを何枚入れておけば初手に引けるの?

ポケモンカードは同じカードを4枚まで入れることができます。(※基本エネルギーカードを除く)

最近は「クイックボール」や「たっぷりバケツ」などのサーチカードが充実しているのでなかなか単純な話ではありませんが、

まずは単純に「何枚入れたら何パーセントの確率で初手に来るのか?」をまとめてみました。

1枚積み:13%

2枚積み:25%

3枚積み:35%

4枚積み:44%

どうでしたか?

当たり前ですが枚数を増やせばその分確率は上がっていきます。

しかし「4枚積みでも2回に1回も初手に引けない」というのは非常に重要なことで、もしそのカードを序盤から絶対に使いたいケースだと明らかに低すぎる数字です。

そのためにあるのがサーチカード。

現状、一番頻繁に使われるサーチカードは《クイックボール》だと思います。

どうしても初手に欲しいカードが仮に「たねポケモン」だとすれば、クイックボールを入れておけば「そのカードかクイックボールのどちらかを引ければOK」ということになります。

《クイックボール》の力でどのくらい確率がアップするのか見てみましょう。

クイックボール | ポケモンカードゲーム公式ホームページ

たねポケモン4枚積みで

クイックボール1枚:52%

クイックボール2枚:59%

クイックボール3枚:65%

クイックボール4枚:71%

いかかでしょうか。だいぶ上がりましたね。

初手に7割以上の確率で持ってくれると考えればある程度は安定した動きができるでしょう。

実際のところは《クイックボール》《ハイパーボール》《レベルボール》(しんかポケモンの場合は《しんかのおこう》)などを駆使してたくさんのサーチカードを入れているデッキがほとんどだと思います。

サーチカードを10枚入れておけば初手率は90%まで上がりますが、その分手札が「ポケモン」と「サーチカード」で溢れる事故も増えてしまうので

デッキタイプ等に応じて微調整が必要ですね。

エネルギーカードの確率論

エネルギーカードは何枚入れておけばいいの?

始めてデッキを作るときに必ず頭によぎる疑問でしょう。

これに関しては、実はポケモンカードゲームのオフィシャルサイトがバシッと答えを出してくれています!笑

はじめてのデッキ作り | ポケモンカードゲーム公式ホームページ (pokemon-card.com)

エネルギーカードの枚数については実はとても話が複雑です。

まず「1枚は引きたい」という思いはありますが、逆に「手札に来すぎると困る」気持ちもあります。

初手がエネルギーだらけになって絶望した経験、みなさんも必ずあることと思います。

手札には欲しいけど、ありすぎると困る。そのせいで入れる枚数に迷いが生じます。

また《たっぷりバケツ》《霧の水晶》《カミツレのきらめき》などエネルギーをサーチするカードが入っているデッキだと、エネルギーを減らして他の強力なカードを増やす戦略を取ることができます。

たっぷりバケツ【U】{063/070} 霧の水晶 | ポケモンカードゲーム公式ホームページ カミツレのきらめき【U】{096/100} - カードラッシュ[ポケモン]

また話を単純化して、シンプルにエネルギーカードを引いてこなければいけないデッキを想定してベストの枚数を考えてみましょう。

「1枚以上は引きたいけど3枚以上くると困る」

という意見が多い(当社調べ)ので、それぞれの確率を計算してみました。

エネルギーの枚数 1~2枚引ける確率 3枚以上引いてしまう確率

5枚   51%   11%

6枚   57%   3%

7枚   61%   4%

8枚   64%   6%

9枚   66%   9%

10枚   67%   12%

11枚   67%   15%

12枚   66%   19%

13枚   64%   23%

14枚   63%   27%

15枚   60%   32%

16枚   57%   36%

17枚   54%   41%

18枚   50%   45%

19枚   47%   49%

20枚   43%   54%

いかかだったでしょうか。

実はエネルギーカードがちょうどよく手札に来る確率は、60%台をピークに下がっていくんですね。

16枚以上入れると顕著に確率が下がっていき、それ以上に「手札に来すぎる」リスクが上がっていくので15枚がベストという説も納得です。

サーチカードの枚数などによって適宜増減しますが、実際のところは最近の強いデッキはエネルギーカードが少ない傾向にあると思います。

ドローカードやサーチカードの発達で、たくさんデッキに入れておく必要も減ってきているのでしょう。

さいごに

確率で全ては語れませんが、

初手にどのくらいの確率で引けるのか?

どのくらいの確率で引きたいのか?

を考えながらデッキを組むと楽しさが倍増するのは間違いなしです!

実際にプレイするときも「計算通り・・・!」と内心ニヤニヤすることもできるでしょう。

この記事が何かの参考になれば幸いです。ではまた!

"サイド"の確率論サイドとは こんにちは! 今日はサイドについて考えてみようと思います。 https://matsu-bokuri.com/...
"デッキ圧縮"の確率論 part1こんにちは! 今日はカードゲーム用語「デッキ圧縮」について紹介しつつ深く考えてみようと思います。 同時に、2022年2月25...